たくさん種類のあるヘパリーゼ。二日酔いに一番効果が期待できるのはヘパリーゼZ?!


ヘパリーゼは滋養強壮のための医薬品、または健康補助食品です。2017年12月現在、一部の販売店だけが売っているヘパリーゼも含めると、約20種類のヘパリーゼがあります。

ヘパリーゼはすべて成分が違う

ヘパリーゼは製品ごとにかなり成分が違います。必ず入っているのは、医薬品なら肝臓水解物、健康補助食品なら肝臓エキス。この成分は、肝臓の機能改善効果以外に、アルコールが分解されて生まれる、二日酔いの原因であるアセトアルデヒドを早く酸化し、その代謝を促進する働きがあります。

医薬品のヘパリーゼ

医薬品のヘパリーゼだとこの他に、タウリン、ジクロロ酢酸ジイソプロピルアミンなどが入っています。タウリンもジクロロ酢酸ジイソプロピルアミンも、肝臓の働きをサポートして疲れを改善する効果があると言われています。成分を見る限り、二日酔いにも効くだろうけれど、どちらかというと日々の健康を目指している感じです。

清涼飲料水のヘパリーゼ

コンビニで購入できる、清涼飲料水のヘパリーゼでは、肝臓エキスの他にウコンエキスが入れられています。ウコンエキスと言えば、二日酔い対策の一番有名な成分と言ってもいいでしょう。ウコンエキスの主成分であるクルクミンには、肝臓の胆汁生成を促進する効果があります。

肝臓から生成される胆汁は、消化に関わる重要な液体で、これが足りないと脂肪を十分に分解できず、それが肝臓に溜まっていきます。この症状が進むと脂肪肝という病気になり、生活習慣病にかかりやすくなってきます。

アルコールを飲むと肝臓はその分解に忙しくなり、また分解後に出来る猛毒のアセトアルデヒドのためにさらに動きが鈍って、胆汁生成どころではなくなってきます。しかしそんなとき、ウコンエキスがあると、肝臓が胆汁を生成し続けてくれると考えられます。

ヘパリーゼZ

ヘパリーゼZには肝臓エキス、ウコンエキスに加えて、これまた二日酔い対策の定番と言われる、しじみに多く含まれるオルニチンが入っています。オルニチンはオルニチンサイクルと呼ばれる体内の働きを活発にすることによって、肝臓全体の本来の機能を保ちます。

また、ヘパリーゼZには胡麻に多く含まれるセサミンも入っています。アセトアルデヒドを分解できる酵素は複数ありますが、その中の1種類が、セサミンを摂取すると増えます。またセサミンは非常に強い抗酸化作用を持ち、通常なら届かない肝臓にまで入るので、日頃から飲んでいると、肝臓が健康になっていくことが期待できます。

ヘパリーゼ製品にはどれも、アルコールの代謝を早める効果を期待できるのですが、ヘパリーゼZは特に強く肝臓をサポートするといえます。

 

ヘパリーゼZの詳しい解説はこちら

ヘパリーゼZの口コミは?ヘパリーゼZの効果ヘパリーゼZの購入について |  ヘパリーゼZの基礎知識