ヘパリーゼZの主成分のひとつ、ウコンエキスは何に効くの?

ヘパリーゼの製品群の中でも、ウコンエキスが入っているのはヘパリーゼWシリーズと、ヘパリーゼZだけです。

ヘパリーゼは大きく3種類の製品に分かれる

ヘパリーゼには大きく、薬局やドラッグストアでしか買えない医薬品タイプとしてのヘパリーゼシリーズ、コンビニで売っている清涼飲料水、または健康補助食品タイプのヘパリーゼWシリーズ、そして、通販限定の健康補助食品ヘパリーゼZがあります。そしてこれらは、製品ごとに成分が違います。

どの製品にも入っているのは肝臓水解物、または肝臓エキス。それ以外の成分は製品ごとに完全に異なります。肝臓水解物と肝臓エキスは厳密に言えば違うものですが、同じものと思ってもらっていいでしょう。肝臓水解物には慢性肝疾患における肝機能の改善という効能があります。

ヘパリーゼの製品群には、肝機能の改善及び、滋養強壮の効果が望めます。でも、よく言われている二日酔い対策になるかというと、それについては賛否両論です。しかし、ヘパリーゼWおよびZに入っているウコンエキスは、二日酔いに対してかなりの効果があることが期待されます。さらにヘパリーゼZにはオルニチンとセサミンも入っていて、さらに二日酔い対策抜群という感じがします。

ウコンエキスの力は?

ウコンエキスの主成分であるクルクミンには、抗酸化作用、肝機能改善効果、アルコール代謝作用などの効果が期待できます。

抗酸化作用

抗酸化作用とは、過剰に発生した活性酸素を抑制する作用です。活性酸素は化学物質・農薬・食品添加物・ストレスなどで、体内に大量に発生することがあります。適度な活性酸素は、外部から侵入する細菌やウィルスから体を守るのですが、それが過剰に発生すると、細胞を酸化させる、つまり身体を錆びさせていきます。そして様々な生活習慣病にかかりやすくなっていくので、これを退治するウコンエキスの抗酸化作用は、非常に嬉しいものです。

肝機能改善効果

ウコンエキスのクルクミンは、肝臓が日々、分解・合成している胆汁の分泌を促す働きや、解毒酵素を増加させる働きがあり、肝機能を強化します。その結果、二日酔いの解消や疲労回復を早める効果が期待できます。

アルコール代謝作用

アルコールは肝臓で分解されて、猛毒のアセトアルデヒドになります。これが二日酔いの原因となるのですが、クルクミンにはアセトアルデヒドの分解を促進する働きがあります。

肝臓エキスとウコンエキスが一緒になり、さらにオルニチン、セサミンで強化されているヘパリーゼZ。お酒を飲む前に試しに飲んでみてはいががでしょう?

 

ヘパリーゼZの詳しい解説はこちら

ヘパリーゼZの口コミは?ヘパリーゼZの効果ヘパリーゼZの購入について |  ヘパリーゼZの基礎知識